液晶モジュール・液晶パネル、カラーTFT液晶、有機EL、無機EL、透過ディスプレイ、電子ペーパーなど小型表示ディスプレイの専門社

液晶モジュール/液晶パネル、カラーTFT液晶モジュール、有機EL、無機ELなど小型表示デバイスの専門社。 量産はもちろん、小ロットでも、低コスト/安定供給を実現します。液晶モジュール/OLEDは、多種の在庫から即納対応可能


株式会社テイデック
小型表示器、ディスプレイのお問い合わせ047-304-8977

小型表示器、ディスプレイのお問い合わせ小型表示器、ディスプレイのお問い合わせ

ISTN-LCD 技術紹介

最近、電子設備に対して高コントラストの表示効果は非常に大切な課題になります。ISTN-LCD はLCD よりいい選択を提供してくれます。高コントラストと広視角の効果が実現することができます。

ISTN は高コントラスト、広視角と高輝度という特性があるので、車載品、手持ち設備、測定計器など工業製品に適用されています。

ISTN 技術とは?

ISTNは一般的な STN 液晶分子の中に、特殊な二色性染料を付加されます。液晶にある二色性染料 は、非等方性の可視光吸収係数を持っているディスプレー原料です。二色性染料は非常に少ない比率を占めています(1%より少ない)。このようなディスプレーに対して、液晶を“主”と呼ばれ、 極めて少ない染料を“客”と呼ばれます。ですから、ISTNは「主-客型液晶ディスプレー」とも呼ばれ ています。


ISTN 技術原理

ISTNは、棒状構成の二色性染料を一般的な STN 液晶分子の中に下記図 I の表示通り付加されます。外接電場で液晶分子の排列方向を変更すると、染料分子の排列方向も液晶分子と共に変えられます。
電圧を印加しない場合、入射光の偏振方向と染料分子の排列方向は平行になります。それで、入射光は染料分子に吸收されます。下記図 a の表示の通りです。
電圧を輸入すると、入射光の偏光方向と染料分子の排列方向は垂直になります。それで、ほとんどの光は染料分子の間を下記図 b 表示の通り通過します。この二つ偏光の光が吸収された比例は「二色比」ということです。上記 ISTN に電圧を印加すると輸入しないとの a, bの図で、波長 vs が吸收された図によって、明らかに違いが分かります。上記のISTNパターンの特性を利用して、広視角と高コントラストの表示効果を達成することができます。

ISTN-LCDの特性

ISTN-LCD の重要な特性は、染料分子の濃厚と割合の違いによって、表示色も異なります。以下は違い割合の染料分子を使用する時のランク図です。

主要的な特性 :

  1. 背景色が深い
  2. 高コントラスト、高輝度
  3. 広い視野角

二色性の染色体色度の優勢に基づいて、バックライトと特殊的なポリフィルムを利用して、光源不足との“第二単元格“を補償します。もっと薄くて、良い表示性能になり、視野角も広く、輝度も向上します。下記は、二色性染料とバックライトのスペクトル図を参考してください。
ISTN-LCD は赤、アンバーと緑の組み合わせが一番よい表示効果になります。


ISTN-LCD with Red LED


ISTN-LCD with Amber LED


ISTN-LCD with Green LED

ページの先頭へ


液晶のこと、OLEDのこと、無機ELディスプレイ、透過型ディスプレイのことなど
疑問、お困りのことがありましたらなんでもお気軽にお尋ねください。
LinkIconお問い合わせフォーム
TEL : 047-304-8977